おしりふきは厚手がおすすめ!「ムーニー やわらか厚手 こすらずするりんっ」がノーストレスでコスパ抜群だよ

おしるふきはムーニー厚手

こんにちは!主夫2年目のこっちゅう【プロフィールはこちら】です。

とってもかわいい赤ちゃんと切ってても切り離せないのが「おむつ交換」ですね。

赤ちゃんのオムツを交換するたびに、排泄物で汚れてしまったおしりを拭く必要があります。

赤ちゃんのおしりをなるべく清潔に保つためにも「おむつふき」はとても重要です。

そこで、今回はコスパ最強のおしりふき「ムーニー やわらか厚手 こすらずするりんっ」を紹介しますね。

赤ちゃんのおしりふきに求めること

子育てするのに、おしりふきって「おむつ」と同じくらい大切ですよね。

わたしが赤ちゃんのおしりふきに求めることは以下の2つです。

  1. おしりふき1枚でキレイにふける
  2. 持ち運びやすく・使いやすい

おしりふきは1枚でキレイに拭いて完結させたいです。何枚も使ってキレイにするとと、ごみ処理もとても面倒くさいです。また、赤ちゃんと一緒に家族でお出かけする際は必須アイテムにおしりふきはなります。なるべくコンパクトで持ち運びやすいものがいいです。

ムーニー「やわらか厚手 こすらずするりんっ」をオススメする3つ理由

そんなわたしの希望を見事に叶えてくれるおしりふきが「ムーニー」にあるんです。

それが、「やわらか厚手 こすらずするりんっ」!

ムーニー厚手おしりふき
↑ムーニー「やわらか厚手 こすらずするりんっ」

これが本当にすばらしいおしりふきで、1度使うともうこのおしりふき以外であかちゃんのおしりは拭けません。

赤ちゃんのおしりふきにムーニー「やわらか厚手 こすらずするりんっ」をオススメする理由は以下の2つです。

  1. 厚手タイプなので1枚でキレイに
  2. お知らせサインであと5枚

これから説明します。ウェットティッシュのフタをつけることでさらに快適に使えます。

①厚手タイプなので1枚でおしりがキレイに!!

厚手タイプなので1枚でキレイにちゅるんとおしりを拭くことができます。

3層構造のシートの中間層にたっぷりの水分をはさみこんであるので、敏感な赤ちゃんの肌でも力強くこすって汚れを拭く必要はありません。

シートサイズも135mm×200mmと広いので、とても使いやすいです。

おしりふき
↑シートサイズ(135mm×200mm)

薄手のタイプの場合、どうしても”うんちくん”が染みてくるのでたくさん枚数を使用してしまいます。うんちくんの場合は、最低でも3枚くらいは使用します。

②あと5枚になると青い線でお知らせ

おしりふきが残り5枚になると、お知らせサイン(青い糸)が出てくるので、詰替え時期がわかりやすくて地味に便利です。

このお知らせサインのおかげで、おしりふきがなくて困ったことは1度もありませんでした。

安すぎるおしりふきには理由がある

最近は、ドラッグストアや西松屋などの子ども用品を販売しているお店でもおしりふきが安く販売されていますが、個人的にはコスパも悪くなるのでオススメしません。

おむつを買ったおまけで1度使用したことがありますが、以下のような点に不満を感じました。

  1. 薄くてサイズも小さいので何枚も使用してしまう
  2. 1枚でキレイにふきとるのは困難
  3. トータル的に使い勝手が悪い

結論、ムーニーのおしりふきが”赤ちゃんの肌にも優しくて圧倒的に使いやすい”です。

わたしはムーニー「やわらか厚手 こすらずするりんっ 詰替 480枚(60枚×8)」を購入して、こんな感じでウェットティッシュのフタをつけて使用していました。

おしりふきキティ
↑おしりふきがよりコンパクトに使いやすく!!

おしりふきはできるだけコンパクトで持ち運びやすくなり、使い勝手もコスパも抜群なのでオススメです。

まとめ

今回は、ムーニーの「やわらか厚手 こすらずするりんっ」について紹介しました。

厚手タイプのおしりふきはとても使いやすく、こ赤ちゃんの肌にもやさしくこすらないで汚れをふきとれるのでオススメです。

ぜひ1度使ってみてください。