子どもの靴の買い替え時期は3〜6ヶ月が目安!? サイズの合った靴を選ぼう!!

子どものくつ

こんにちは!主夫2年目のこっちゅう【プロフィールはこちら】です。

子どもの成長とははやいもので、あっという間にできないことができるようになっています。

子どもの足も、すぐに大きくなるんですよね。

子どもの足の大きさをこまめにチェックしていないと、子どもの足に指にマメができたり、コケやすくなったりします。

というわけで、今回は「子ども靴の買い替え時期」についてです。

子どもの親指にマメが。。

先日、子どもに靴下を履かしている最中にわたしの目に飛び込んできたものがあります。

なんと子どもの親指にマメらしきものが。。

子どもの親指
リトルこっちゅう
リトルこっちゅう

いーーーたーーーい

なぜ子どもの足にマメができてしまったのか考えたところ、知らぬ間に子どもの足が大きなっていてサイズの合わない靴を履いていたんですよね。

といっても、3ヶ月前に靴を購入したばかりだとあぐらを少しあぐらをかいていました。

結局のところ、子どもが履いている靴がきつそうと感じて買い換えるのでは遅すぎたんですよね。

こっちゅう
こっちゅう

親がしっかりと靴のサイズチェックをして、子どもの靴を買い換える必要がありますね

また、すこし調べてみると12歳ごろまでは子どもの足の感覚は発達しておらず、きつくても痛いと感じないそうです。

さらには、小さい靴を履いていると歩き方もかわってくるみたいなので早急に新しい靴を購入しましたよ。

子どもの靴の買い替えのタイミング

では、子どもの靴の買い替えのタイミングっていつなんでしょうか?

もちろん子どもが「もうこの靴小さいよ〜」っていってくれたらラクなんですけど、まだまだそのような言葉は言ってはくれません。

そのため、わたしのように靴が小さくなったということに気づかず子どもに履かせている場合もあると思います。

簡単ではありますが、子どもの靴の買い替えのタイミングをまとめてみましたよ。

3歳までは3ヶ月ごとに、3歳以降は半年ごとに

まず、子どもの足は3歳くらいまでは半年で約1cmほど伸びるといわれています。

そのため、3歳までは3ヶ月ごとに買い替えなくてはなりません。

ちなみに、3〜5歳になると1年で約1cm伸びるようになるので3歳以降は半年ごとに靴を買い替えて行く必要があるみたいですね。

こっちゅう
こっちゅう

子どもの足のサイズを測定しないとだね

定期的に中敷きの指のあとをみましょう

なので、定期的に足の指が靴のつま先にあたっていないかを確認しておくことをオススメします。

こんな感じで靴の中敷きを外して、子どもの指のあとを確認してみるのが1番わかりやすいですよ。

子どもの靴

このように子どもの指のあとがくっきりついていたら買い替えのタイミングになります。

つま先の余裕がに2㎜くらいになったら、靴を購入した方がよさそうですね。

こっちゅう
こっちゅう

子どもの靴を洗うときに確認しておくといいかも。

サイズにあった靴を購入しよう

基本的には親が子どもに履いてもらい靴でいいと思います。

ただ靴のサイズとしてはつま先に5〜10㎜ほどの余裕がある靴を選ぶようにするといいみたいですね。

こっちゅう
こっちゅう

子どもにはしっかりと駆け回ってもらいたい派のわたしとしては、アシックスの靴がオススメですよ。

まとめ

さて、今回は「子ども靴の買い替え時期」についてオハナシしました。

子供の靴の買い替えのタイミングを間違えてしまうと子どもの指にマメができたり、歩き方もすこしかわってくるようです。

子どもの足のサイズを定期的にチェックして、子どもにあう靴を選んであげましょう。