子どもが歯磨きしないのは、なぜ?大人のハミガキを見直してみる

子どもが歯磨きしないのは、なぜ?大人のハミガキを見直してみる

こんにちは!主夫3年目のこっちゅう【プロフィールはこちら】です。

最近、子どもが上手に歯磨きをしてくれません。

歯磨き中なのに、絵本を読んで「歯ブラシをガジガジ」。

歯磨き中なのに、ゴソゴソ歩き回っては「歯ブラシをガジガジ」。

挙句の果てには、テーブルに歯ブラシを置く始末です。

リトルこっちゅう
リトルこっちゅう

ももえちゃんのマネなの。。

というわけで、今回は「どうすれば子ども(2〜3歳)が歯磨きをするのか」について考えてみます。

広告

子どもが歯磨きしない!なぜ?

最近、子どもが歯磨きを上手にしてくれません。

子どもは1歳のころはそこそこ歯磨きを上手にしていたと思うのですが、2〜3歳になってからは歯磨きに集中できない感じ。

というのも、歯磨き中についついこんなことばかりするんですよね。

  • 絵本を読む
  • ドタバタとする
  • テレビを見る

もう歯磨きのことなど一切忘れている感じで、結局「子どもの歯を磨いてあげている」毎日。

なので、どうすれば子ども1人で上手に「歯磨き」できるか考えてみました。

リトルこっちゅう
リトルこっちゅう

うえの歯〜♪シャカシャカ!

「親」である自分の歯磨きを見直す

まず、考えたのが「親」である大人の行動。

ついつい大人は「歯磨き」をしながら、何かをしてしまっています。

例えば、こんな感じ。

  • スマホをいじりながら歯磨き
  • 部屋をウロチョロしながら歯磨き
  • テレビを見ながら歯磨き

いま振り返ってみると、ほとんど子どもとやっていることが同じ。

大人は「歯磨きしながら、何かできる」

でも、子どもは「歯磨きしながら、何かをすることはできない」

こっちゅう
こっちゅう

子どもに2つのことを同時にするのは難しい

なので、家族全員で「歯磨き」だけに集中してみることに。

すると、子ども自身で上手に歯を磨けるから不思議。

ただ大人がついついスマホをいじってしまったりするため、毎日継続することが難しいです。。

リトルこっちゅう
リトルこっちゅう

歯磨き中に携帯見たら、ダメですよ〜

歯磨き専用の「鏡」を設置

そして、子どもが歯磨きをするときに「鏡」を設置してみることに。

子どもが椅子に座って、鏡で「自分の顔」を見ながらシャカシャカします。

こんな鏡をテーブルにおいて、チャレンジしてみましたよ。

自分大好きな性格なのか、しっかりと集中してブラッシング

ただ大人がバタバタしてしまうと、歯磨きに集中できずキョロキョロしてしまう感じです。

リトルこっちゅう
リトルこっちゅう

絵本読んで〜ドライヤーして〜歯磨きする!

大人はついつい効率を求めて、2つのことを同時にしがちです。

ただ子どもは2つのこと同時に行うのは難しい。

この辺りをもっと理解して、日常生活を送っていきたいと思います。

こっちゅう
こっちゅう

歯ブラシは「ジョーダン」がオススメ!

まとめ

さて、今回は「どうすれば子ども(2〜3歳)が歯磨きをするのか」についてお話しました。

やはり子どもは「親の姿」を見て、成長していくんですかね。

子どもが「なにかをしながら」の歯磨きは、歯ブラシをガジガジする傾向強め。

なので、歯ブラシがすぐに使えなくなってしまいます。

子どもが歯磨きする用の歯ブラシと大人が仕上げ磨きする用の歯ブラシを2本用意してあげるのがいいのかもしれないですね。

というわけで、ちょっこし読んでみたい本がこちら。

広告

リトルこっちゅう
リトルこっちゅう

せっかくだから「子育てのカテゴリ」も見てよね〜

こんな記事も読まれています