主夫になった私が料理を嫌いな理由

わたしは主夫ですが、料理が大嫌いです。本当に嫌いです。

子どもが生まれて、主夫になるまで料理はほとんどしたことありませんでした。

そんな主夫の私がなぜ料理が嫌いなのか。今回はそんなお話です。

料理が嫌いになったきっかけ

単刀直入にいうと、料理で妻を泣かしたことがきっかけです。

妻と結婚して、子どもが生まれる前にはじめて料理を妻に作りました。

初心者のくせに料理で”オリジナルティ”と”センス”を出したくて、「コーンスープにいなり寿司が浸かっている料理」を出しました。

まさに地獄絵図でした。

「この料理は絶対に美味しい‼︎」という謎の自信があったので、味見もせずにドヤ顔で料理を出しました。

結果、妻は泣きました。

これがきっかけで私は料理が嫌いになりました。

主夫になり料理嫌いが加速‼︎

主夫になり料理がさらに嫌いになりました。

自慢になりますが、わたしは主夫になるまで人生で料理はほとんどしたことがありません!!

料理が嫌いな理由は以下の通りです。

  1. 毎日3食オーダーメイド
  2. あいまいな表現が多すぎる
  3. 食器がイマイチなだけで美味しくなくなる

これから詳しく説明しますねー。

①毎日3食オーダーメイド

家族の食事をつくるってことは、「毎日3食オーダーメイド」で料理することになります。

「365日3食」

これを実行すること自体大変です。しかも、毎日3食家族にあったフルオーダーメイド料理って。。

また、離乳食時期の子どもがいたので”アレルギーや食材の与え方”など気を使うことがありすぎで脳みそ破裂ものでした。

②あいまいな表現が多すぎる

「料理が苦手な人はちゃんと計量しなさい!」という割には「塩こしょう少々」「塩適当」などレシピ本では、オリジナリティを出させるためか”あいまいな表現”が多すぎます。

1度料理教室で、「この調味料はどのくらいいれますか?」ってたずねたら「それは目分量で」って答えられました。

目分量ってどのくらいだよ‼︎と心の中で声を大にして叫びました。

おかげさまで、「レシピ料理となんか違うなー」っていうことが多々あります。

③食器選びも大変

料理にあった食器を選ぶことで美味しさは倍増します。

「和食にはこの器がいいんじゃないか」「洋食にはあのお皿の方が色味がでるんじゃないか」と考えながら盛り付けるって本当に大変です。

実際、割り箸で食べるよりマイ箸で食べる方が圧倒的に美味しいですしねー

まとめ

今回はわたしが料理を嫌いな理由についてお話ししました。

現在、主夫として料理はいちおうしていますが、大嫌いという気持ちは変わりません。

さらにいえば、料理って「料理をするまでの過程もしんどい」ので嫌いです。