シャオミ「Miスマートバンド4」コスパ破壊!!スマートウォッチデビューはこれ一択!!

スマートバンド4

こんにちは!念願のを手に入れたこっちゅう(@cochu88)です。

以前にスマートウォッチ的なウェアラブル端末が欲しい!!と書きました。

今回、とうとう念願のウェアラブル端末をゲットすることができました。そのウェアラブル端末とはシャオミ(Xiaomi)の「Miスマートバンド4」」です。

「Miスマートバンド4」とは

まずは「Miスマートバンド4」ってなんなの?ってところから紹介していきます。

Miスマートバンド4の箱

「Miスマートバンド4」は、シャオミ(Xiaomi)っていう中国の総合家電メーカーから発売されているウェラブル端末です。

シンプルなデザインでなんといっても「Miスマートバンド4」最大の魅力である3,839円というコスパ破壊力が世間で話題になっています。

もちろんiPhoneにもAndroidにも対応しているウェラブル端末です。

以前から私はスマートウォッチのようなものが欲しくて、この「Miスマートバンド4」の購入を決意しました。

いでよ!「Miスマートバンド4」

さっそく「Miスマートバンド4」を開封してみます。パッカーンとな。

Miスマートバンド4

中身をざっとリストにまとめるとこんな感じです。

  • スマートバンド本体
  • リストバンド
  • 充電ケーブル
  • 説明書

もうはやく「Miスマートバンド4」を装着したいというワクワクがとまりませんねー。

「Miスマートバンド4」のファーストインプレッション

まず「Miスマートバンド4」を装着して最初に思ったのは「画面がスーパー見やすい」ってことです。

それでは、こちらを見てください!!

「Miスマートバンド4」
↑「Miスマートバンド4」

「Miスマートバンド4」の表示面積はなんと0.95インチ!!

しかも驚きの有機ELのフルカラーディスプレイなので見やすくていい感じです。

本体サイズは幅10.8mm、重さ22.1gと超絶コンパクトになっています。

さらに、Miスマートバンド4のディスプレイ画面はこんな感じでタッチ操作もスイスイです。

動作
↑「Miスマートバンド4」の動作確認

ちなみに、「Miスマートバンド4」メイン画面のデザインはデフォルトで3種類ありますよー。

まず、Aパターンのデザインはこちら!

Miスマートバンド4
↑Miスマートバンド4のメイン画面A

ひと目で日時と歩数もわかるシンプルデザインで個人的に1番好きです。

お次はBパターンのデザインです!

Miスマートバンド4
↑Miスマートバンド4のメイン画面B

グラフィックデザインでカッコいい!!

最後にCパターンのデザイン!!

Miスマートバンド4
↑Miスマートバンド4のメイン画面C

こちらはBパターンの色違いですね。

しかも実は公式アプリ「Mi Fit」と同期させれば、さらに複数のデザインから自分の好きなデザインを選ぶことができます。

↑公式アプリ「Mi Fit」より

「Miスマートバンド4」本当に恐るべしです。。

「Miスマートバンド4」の装着感

私もビックリしたのですが、はじめて「Miスマートバンド4」装着してから1時間後に思ったのが「あれ?時計つけてったっけ?」です。

Miスマートバンド4

「Miスマートバンド4」の装着感は”ほぼ0に近い”と言ってもいいでしょう。

実際に「Miスマートバンド4」はそのくらい軽くいですし、寝るときも全く邪魔になりませんでした。

Miスマートバンド4ができること

こちらに「Miスマートバンド4」ができることをざっとまとめてみました。

①ステータス

まず、ステータスを見てみると”ひと目”で今日1日に歩いた歩数や移動距離、消費したカロリーなどが表示されます。

ステータス

ステータス内にある項目をリストにまとめますとこんな感じです。

  • 歩数:0時〜確認した時点までの歩いた数
  • 距離:0時〜確認した時点までの移動距離
  • 消費:0時〜確認した時点までの消費カロリー
  • 座りすぎ通知:1時間動かないでいると「あまりに長い時間座っています」と判断してバンドが振動

あと、地味に嬉しいのがMi Fit側で一日の歩数目標をセットしていると、目標達成すると「おめでとうございます!!」って感じで通知がきます。

②心拍数がはかれる

次に「Miスマートバンド4」は驚きなんですが”心拍数”がはかれます。

心拍数

実際に心拍数をはかるところを見てみましょう!!

心拍数測定

いやー、「Miスマートバンド4」すごいですね!!

③ワークアウトを記録できる

しかも、「Miスマートバンド4」ではワークアウト機能が充実しています。

ワークアウト

「Miスマートバンド4」はランニングにウォーキング、サイクリングにスイミングまで記録することができます。

  • 屋外ランニング
  • トレッドミル
  • サイクリング
  • ウォーキング
  • フリー
  • プールスイミング

このワークアウトのデータがアプリと連携することでとても細かいところまで計測できます。

平均ペースや平均心拍数などのほか、1kmごとのペース、ワークアウト中の心拍の変化などが測定できますよー。

④天気がわかる

主夫のわたしにとっては「天気がひと目でわかる」っていうのが結構うれしいです。

天気

現在地のきょうの天気はもちろん、週間予報も手元で確認できます。

天気

しかもスマホのGPSと連動して、現在いる場所の天気を表示してくれるので結構正確です。最高気温や最低気温だってわかりますよー。

おかげさまで、いちいちスマホのお天気アプリを起動する必要がなくなりました。

⑤電話やLINEなどの通知を設定できる

電話やLINEなどの通知を「Miスマートバンド4」で確認することができます。

通知

通知の設定の方法もとっても簡単ですよー。

公式アプリを使用して着信の通知設定をするだけです。

でんわ
↑公式アプリ

「遅れて通知」「連絡先の情報表示」などけっこう細かい気遣いの設定ができるのが本当に驚きですね。

しかも「Miスマートバンド4」の通知設定は着信通知だけでは終わりませんよ。

なんとアプリの通知設定だって簡単にできちゃいます。

LINEはもちろんTwitterやFacebook Messenger、Youtubeだって通知を設定することが可能です。

アプリの通知
↑公式アプリ

しかも、通知機能で届いたメッセージがめちゃくちゃ読みやすくて最高です。

通知
↑LINEからの通知

ちなみに通知がないときは、シンプルでこんな画面です。

通知

スマホを取り出すことができないちょっとした作業中でも「Miスマートバンド4」が振動してお知らせしてくれるので、ほとんど大切な通知を見逃すことはなくなりました。

⑥その他

アラームやストップウォッチなどちょっこし便利な機能や設定がたくさんあります。

その他

その他の項目をリストにまとめますとこんな感じです。

  • DNS:睡眠中に通知をするかどうかが設定できる。
  • アラーム:指定した時刻になったらMiバンド4を振動して通知
  • 音楽:音楽が聞けます
  • ストップウォッチ:時間が測定できる(20件のラップ機能あり)
  • タイマー:設定した時間になったらMiバンド4を振動して通知
  • 端末を探す:ペアリングしているスマホをなくなってしまったとき、スマホから音を鳴らすことができる
  • バンドディスプレイ:メイン画面が変更出来ます【デフォルト3種類】
  • 設定:”画面の明るさ”や”ロック画面”などの設定

正直こんなに機能が充実している「Miスマートバンド4」が3,839円って嘘みたいです。

「Miスマートバンド4」の充電方法

「Miスマートバンド4」の充電方法はとっても簡単です。

まずは、リストバンドからスマートバンド本体を外して充電ケーブルにセット!!

充電

あとはUSB端子をつなげて充電スタートです〜。

充電

とりあえず「Miスマートバンド4」が0%から100%の充電完了まで約1時間ちょいくらいでした。

まとめ

今回は「Miスマートバンド4はコスパ破壊のスマートウォッチ」ってことについて紹介しました。

私は「Miスマートバンド4」を使い始めたことで、いつのまにか睡眠や運動への関心が高まり生活習慣が変わっている感じがします。

っていうのも、自分のデータが手軽に記録されていくのでデータの変化を見るのがとても楽しいからですかねー。

その他にも「Miスマートバンド4」は防水だったり音楽が聞けたりと様々なシーンで活躍すること間違いなし!!

とにかく「Miスマートバンド4」は3,839円という激安価格でコスパ最強です。(2020年6月3日現在)

スマートウォッチデビューしたいけど、どれにするか悩んでいる方がいるのならば”お試しの円”で「Miスマートバンド4」はオススメです!!