子ども服【節約方法】お金をかけすぎない6つの掟を紹介

子ども服【節約方法】お金をかけすぎない6つの掟を紹介

こんにちは!主夫3年目のこっちゅう【プロフィールはこちら】です。

子供のお洋服って本当にカワイイものが多いですよね。

なので、ついつい買いすぎてしまうことがあります。

こっちゅう
こっちゅう

主夫の子ども服、節約術!!

ってなわけで、今回は「子ども服にお金をかけすぎない6つの掟」を紹介します。

広告

子ども服にお金をかけすぎない6つの掟

では、さっそく「子どもの服にお金をかけすぎない6つ掟」を紹介しますね。

  1. 持ち駒を把握する
  2. 子どもの成長スピードを把握する
  3. 安い!という理由で買わない
  4. 新品じゃなくても着てもらう
  5. 大きすぎるサイズを買わない
  6. 着てほしくない服は買わない

もちろん楽天など欲しい子ども服をお得に購入する方法が一発でわかればいいんですが「値段を比較しながらのお買い物」って、意外としんどいんですよね。

なので、「楽天などネットでお得に購入」は今回の掟から除外。

こっちゅう
こっちゅう

ひとつずつ説明します!

【1】持ち駒を把握する

まず、今現在「子どもが持っている服」を把握しておくことが大切。

半袖シャツが何枚あって、ピンクの長ズボンを何枚持っているのかなど常に把握しておく必要があります。

つまりは、「お洋服の持ち駒」を把握しておくということ。

こっちゅう
こっちゅう

忘れがちですが、1番重要!!

さすれば、自ずと子どもの服を購入する際に「半袖シャツはもう5枚あるから」「ピンクの長ズボンはもうあるから」と少しだけ冷静な心を持つことができます。

ちなみに、服の持ち駒把握はこちらのアプリがオススメです。

XZ(クローゼット) ファッション・洋服 コーディネート

XZ(クローゼット) ファッション・洋服 コーディネート

STANDING OVATION Inc.無料posted withアプリーチ

こっちゅう
こっちゅう

アプリで管理!

【2】子どもの成長スピードを把握する

次に、子どもの成長スピードをしっかりと把握しておくのもオススメ。

子どもが3歳くらいになると、「だいたいこんなペースで大きくなってくるのか!」っていうのが掴めてくると思います。

なので、その成長スピードを把握しておけば「1回しか着てないのに、サイズアウト」なんてことも減るはず。

必然的に「節約」に繋がります。たぶん。

リトルこっちゅう
リトルこっちゅう

汚れるが理由で「地味な服」は着ないぞ!!!

【3】安い!という理由で買わない

そして、安いという理由で子ども服を購入しない。

大人の服にも言えることなのですが、ついつい安いと購入したくなる。

「3枚で激安!」「5枚買えば、1枚無料」などのフレーズに何故かココロが揺さぶられるんですよね。

少し遠い目で見れば、本当に必要かどうか判断できると思います。

なので、安いという理由で買わないようにしましょう!

リトルこっちゅう
リトルこっちゅう

安いじゃ〜ん!正義じゃ〜ん!

【4】新品じゃなくても着てもらう

そして、新品の服じゃなくても着てもらうのも大切です。

もし親戚や知り合いから「おさがり」で洋服をもらったら、マジでイヤなデザインの洋服でない限りは着てもらうようにしています。

正直いうと、はじめの頃は「おさがり」ってなんか嫌でした。

こっちゅう
こっちゅう

ちょっと汚いイメージがあってさ〜。。

しかし、よく見るとカワイイ服もあります。

なので、いつのまにか節約も兼ねて「汚すぎなければOK派」です。

ちなみに、こちらのような「子ども中古服買い取りサービス」もあるので、利用してみるのもいいかもしれませんね。

リトルこっちゅう
リトルこっちゅう

ケイスペも安く買えるじゃん!!

【5】大きすぎるサイズを買わない

あと、洋服を購入するときは「大きすぎるサイズ」は買わないようにしています。

子どもの成長は凄まじいので、すぐにサイズアウトしてしまうなんてこともありますよね。

だからといって、「来年を見越して、大きいサイズを!」「来年のために購入!」っていうのは絶対にしないようにしています。

買うのは、ほぼジャストサイズ!のみ。

こっちゅう
こっちゅう

ちょいデカくらいは購入しますが、必ず試着します!

理由は「子どもにいま1番似合う服を着てほしいから」です。

大きいサイズを買ったところで「来年、着れる保証はありません。」

また、来年もその服がカワイイと思えるかも怪しいです。

なので、大きすぎる服は購入しない!これ鉄則なり〜!

リトルこっちゅう
リトルこっちゅう

いまのわたしを見てよね〜♪

【6】着てほしくない服は買わない

最後に、子どもに着てほしくない服は購入しません。

もちろん、子どもが嫌と言う服も同じ。

どちらにせよ、ものすごく「購買意欲が低下するから」です。

親はめちゃくちゃ気に入っていた服があっても、子どもがエゲツないくらい嫌がれば「もう買うもんか〜!」ってなりますよね。

おじいちゃんやおばあちゃんが買ってあげるってことになっても、このルールは絶対に守るようにしています。

この掟を守ることこそ、最大の子ども服節約術です!

こっちゅう
こっちゅう

大人もこどもも好きな服が着たいんじゃい!!

まとめ

さて、今回は「子ども服にお金をかけすぎない6つの掟」について紹介しました。

いつの間にかお金が子どもの服にすり替わってしまう現実。

少しでも冷静なココロを保ち、必要でカワイイ服だけを購入したいものです。

だって、大人だって好きな服が着たいんじゃい!大人の服も買いたいんじゃい!

というわけで、いま気になっている服がこちら。

広告

リトルこっちゅう
リトルこっちゅう

せっかくだから「子育てのカテゴリ」も見てよね〜

こんな記事も読まれています