自己満家事はもうやめた!!主夫にとって”本当に使える自由時間”は?

自己満家事

こんにちは!家事・育児をタスク管理したいこっちゅう(@cochu88)です。

無数に存在する家事・育児タスクを管理すべく、タスク管理エキスパートである滝川徹さんの「残業ゼロ」のお悩み相談会【オンライン】に参加してきました。この相談会でこれからは「家族に喜んでもらえる家事」を突きつめていこうと思いました。

というわけで、私がこのお悩み相談会に参加して感じたことをメモしときます。

それでは、レッツらこっちゅー!!

目指せ!家事残務ゼロ

まず「残業ゼロ」のお悩み相談会に私が参加しようと思ったのは、こんな悩みを抱えていたからです。。

  • 家事・育児で脳内がパンクしそうなのでタスク管理したい。
  • 料理が大嫌いです。どうすればいいでしょうか?

2つとも「残業ゼロ」とは全く関係のないと思うかもしれませんが、わたし的にはスーパー関係あると思っています。

というのも、掃除や料理などの家事が終わらない積み重ねが「家事残務」として、部屋の汚れや他の家事をする時間の削減につながります。

「料理大嫌いなのであまりやりたくない」っていうマインドが必然的に「家事残務」を生み出す根源になっています。

この2つの悩みはどうしても解決したい。。

主夫にとっての”本当に使える自由時間”は?

まず、私の1つ目の悩みはこちらです。

「家事・育児とタスク管理したい」

という妻の残業をゼロへ変えるためには、私の「家事・育児のタスク管理」が必須です。

この悩み相談の中で心に突き刺さった言葉は、「本当に使える自由時間が何時間あるかを知ろう!!」ということでした。

1日の中で料理や掃除、洗濯などの家事のタスクはもちろん、家族の不調や「〇〇買っといてー」などのような急な割り込みタスクを除いた時間が何時間あるか?それが分かれば、本当に使える自由時間が何時間あるかが分かります。

公式:24Hー(家事の時間+急な割込タスクの時間+睡眠時間)=本当に使える自由時間

私はそもそも掃除に何分かかっているのか、洗濯に何分かかっているのがすら分かっていません。なので当然”本当に使える自由時間”なんて分かりやしません。

なので私が抱えている家事のすべてをまずは「見える化」することで、管理できるようになれば自然と家事への不安はなくなっていくはずです。

というわけで、iPhoneアプリ「たすくま」というタスク管理ツールを使って、”タスクの見える化”に励みます。

家族に喜んでくれる料理を!!

そして、私の2つ目の悩みはこちら!!

「料理が大嫌いです。それでも主夫として料理をしなくてはなりません。どうすればいいでしょうか?」

という「残業ゼロ」のお悩み相談会とは無縁の主夫の悩みです

この悩み相談の中で心に突き刺さった言葉は、「自分の中の料理に対する基準がパートナーにとって全く同じということはない」ということです。

つまりは、私は家族に「手作りで栄養満点の料理6品を晩ごはんとして毎日準備したい!!」と思っているが、妻は「外食に行きたいかもしれないし、惣菜でいいかもしれないし、手作りでも4品でいいかもしれない」ってことです。

こればっかりは妻に直接聞かないと答えはでません。

にもかかわらず、私は「主夫として手作りで栄養満点の料理6品を晩ごはんとして毎日準備したい」という願望で自分を満たすために料理をつくっていたことに気がつきました。なんなら料理を頑張ろうとしすぎたために料理嫌いが継続しているような気もします。

「家族が喜んでくれる料理」を準備することが重要だということを思い出させてくれました。

なので「自己満家事」はもうやめて、これからは「家族が喜んでもらえる家事」をしていきます。

まとめ

「時間はあるけど、すぐになくなっちゃうのかな」って不安から解放されるため、iPhoneアプリ「たすくま」でログをガシガシとっていこうと思います。

決して無理はせずできるところからちょっとずつチャレンジしてフィードバックしていきます。

主夫としての”1日”を”行動と時間の見える化”することで「オレ流のタスクリスト」の作成に向けて毎日コツコツ頑張ろう!!

インプットしたら忘れる前に即行動します。