コリコリサワーズ【コンビニで見かけぬ】グミ細胞断裂食感がよき

コリコリサワーズ【コンビニで見かけぬ】グミ細胞断裂食感!ブチチチチーーー

こんにちは!三度のメシよりグミが好きなのこっちゅう【プロフィールはこちら】です。

「カメカメサワーズ、サワーズ かめかめ♪」のCMでおなじみの「サワーズ」

そんな「サワーズ」からコリコリ食感のハードグミが登場しました!

こっちゅう
こっちゅう

グミ細胞断裂食感!!

というわけで、今回は「コリコリサワーズ」について紹介しますね。

広告

「コリコリサワーズ」のココがすごい

まず、はじめに「コリコリサワーズ」がどんなグミか説明させてください。

「コリコリサワーズ」は、2種類の味が楽しめる「コリコリ食感」がプラスされたハードグミです。

コリコリサワーズ
「コリコリサワーズ」

グミでは定番になっている味「グレープとマスカット」を味わうことができます。

もちろんサワーズならではの「すっぱいパウダーとハードめな硬さ」はそのままです。

こっちゅう
こっちゅう

コリコリ食感??

「コリコリサワーズ」のパッケージ

それでは、「コリコリサワーズ」のパッケージを見てください!!

コリコリサワーズ
「コリコリサワーズ」のパッケージ

サイコロのカタチをしたサワーズキャラクターが特徴的なパッケージ。

しかも、カタカナで「コリコリ」ってあります。

とにかく「コリコリ」の文字が多いです。

もちろんサワーズおなじみのカメさんも健在。

こっちゅう
こっちゅう

亀梨さんは見当たりませんでした!

それではパッケージ上部から、いざ開封の時!!

コリコリサワーズ

袋を開けると、弾けるフレッシュな清涼感あるグレープの香りがします。

んで、四角な長方形グミがゴロゴロと見えますよ。

内容量は50gで、果汁グミとほぼ同じくらいです。

こっちゅう
こっちゅう

見た目のコリコリ感ないな〜

それでは、グミを1粒だけ手にとってみますね。

コリコリサワーズ
キューブ型でつかみやすい!

キューブ型の1粒!!

そこそこ大きいですが、驚くほどではありません、

んで、サワーパウダーがまぶされています。

触っただけでは「コリコリ感」は全くわかりません。

リトルこっちゅう
リトルこっちゅう

ナタデココみたいな感じ〜?

「コリコリサワーズ」を食べた感想

それでは「コリコリサワーズ」をいただきます。

コリコリサワーズ

ひと噛みすると、クセになるコリコリする噛みごこち。

グミの細胞を歯でぶった切っていく感じですね。

いままでのサワーズにはなかった新しい食感で楽しいです。

個人的には、グミを噛んでいる後半の「コリコリ」が好きです。

リトルこっちゅう
リトルこっちゅう

後半の「コリコリ」ってなんなん!!

ちなみに「コリコリサワーズ」はこちらの2種類の味が楽しめますよ。

  • ぶどう味
  • マスカット味
こっちゅう
こっちゅう

ひとつずつ紹介します!

【1】コリコリサワーズ(ぶどう)

まず、ぶどう味のグミからいただきます。

コリコリサワーズ
タフグミ 梅味(赤梅)

そこまで濃厚ではありませんが、食感のおいしさがあります。

縦から噛むか、横から噛むかで「おいしさ」の変化も楽しめますね。

こっちゅう
こっちゅう

王道グレープ味!!

【2】コリコリサワーズ(マスカット)

そして、マスカットの味もいただきます。

コリコリサワーズ(マスカット)
コリコリサワーズ(マスカット)

パウダーパワーは抑えめなので、マスカット感強いです。

ただ濃厚ではない、クドくない味。

個人的にはこっちの味が好きかもですね。

リトルこっちゅう
リトルこっちゅう

マスカット色じゃ〜ん!!

「コリコリサワーズ」の詳細情報(値段・カロリーなど)

「コリコリサワーズ」はマックスバリュで購入しました。

こっちゅう
こっちゅう

価格は1袋138円(税込)でした!

ちなみに「コリコリサワーズ」の原材料などコチラの通りです。

コリコリサワーズ
▼原材料名
  • 砂糖(国内製造)
  • 水飴
  • ゼラチン
  • 植物油脂
  • 濃縮ぶどう果汁
  • 酸味料
  • 香料
  • 着色料(紅麹)
  • 着色料(紫ニンジン)
  • 着色料(クチナシ)
  • 甘味料(スクラロース)
  • 甘味料(アセスルファムK)
  • 光沢剤
  • ※一部にゼラチンを含む

▼栄養成分表示【1袋(50g)当たり】

エネルギー164kcal
たんぱく質5.31g
脂質0.41g
炭水化物35.13g
食塩相当量0.03g

▶原材料に含まれるアレルギー物質(28品目中):ゼラチン

2021年10月8日時点の情報で

こっちゅう
こっちゅう

グミのよく噛んで食べようね!

まとめ

さて、今回は「コリコリサワーズ」について紹介しました。

コリコリ食感が楽しい食べごたえのあるグミです。

グミの細胞を歯でぶった切っていく感じが最高ですね。

ぜひ見つけたら食べてみてくだい!

広告

リトルこっちゅう
リトルこっちゅう

せっかくだから「ハードグミのカテゴリ」も見てよね〜

こんな記事も読まれています