子ども乗せ自転車のオススメ防寒グッズ7選!送り迎えをより快適に。

子ども乗せ自転車のオススメ防寒グッズ7選!送り迎えをより快適に。

こんにちは!主夫3年目のこっちゅう【プロフィールはこちら】です。

子供の送り迎えやお買い物で自転車を利用している人は「子どもの防寒対策」って悩みますよね。

マジで風が冷たく感じる自転車なので、できる限り寒くないように防寒してあげたいところです。

リトルこっちゅう
リトルこっちゅう

車で行きたいのに〜

というわけで、今回は「子ども乗せ自転車のオススメ防寒グッズ7選」をご紹介します。

広告

子ども乗せ自転車のオススメ防寒グッズ7選

さっそくですが、子どもが自転車に乗る際にオススメな防寒グッズを7つ紹介しますね。

こちらを見てください!

  1. ニット帽
  2. マフラー
  3. サングラス
  4. マスク
  5. 手袋(分厚いタイプ)
  6. ジャンパー
  7. 防寒パンツ
こっちゅう
こっちゅう

詳しく紹介していきます〜!

【1】ニット帽

まず、「ニット帽」が必須です。

ニット帽

ニット帽選びのポイントは「耳まで防寒できる」ってところ。

ちなみに、このニット帽の上にこちらのヘルメットも装着します。

これで頭の防寒と安全はOK!

ゴテゴテしすぎず、重たくない感じでよきです。

リトルこっちゅう
リトルこっちゅう

耳は寒くないね〜

【2】マフラー

次に「マフラー」も欠かせません。

マフラー
カワイイ赤のマフラー

これでしっかりと子どもの首周りをカバー。

たろのえりまき」のような赤いマフラーでかわいさも捨てませんよ。

リトルこっちゅう
リトルこっちゅう

赤い色が好き〜♪

【3】サングラス

そして、意外と忘れがちなのが「サングラス」です。

ある朝、不満を口にしてくれた「目が寒い」の言葉。

その言葉を聞いて、手に取ったのがH&Mで購入したコスパ抜群の「サングラス」です。

このサングラスをしてからというもの、「目が寒い」という言葉を発することはなくなりましたね。

夏も紫外線対策でモーマンタイです。

子どもは「新しいサングラスが欲しい」と声を上げていますが、風と共に去りぬ。

リトルこっちゅう
リトルこっちゅう

ちょっとズレるの〜!!

【4】マスク

んで、口まわりをカバーするため「マスク」も装着はオススメ。

マスクをするだけで、鼻と口をダブルでカバーできます。

逆にマスクの装着を忘れると、鼻が寒いで真っ赤なおはなの状態です。

こっちゅう
こっちゅう

マスク&サングラスをしてからの「ニット帽」です!

【5】手袋(分厚いタイプ)

そして、重要な手の防寒はこちらの手袋です。

スキーとかでよく見る分厚いタイプの手袋。

これじゃないと、やっぱり風が侵入してくるみたいです。

本来ならこちらの「マシュマロ手袋」でかわいさ増々にしたいところですよね。

手袋

しかし、この手袋では自転車で受ける風を防寒するには荷が重い。

なので、分厚いタイプの手袋がオススメです。

リトルこっちゅう
リトルこっちゅう

おしゃれは我慢!!?

【6】ジャンパー

当たり前ですが「ジャンパー」で上半身を防寒です。

ジャンパー

可能であれば、薄くて温かいものがオススメ。

んで、ジップの隙間をカバーしているタイプのジャンパーがよき。

こっちゅう
こっちゅう

ジップから侵入する風が寒いのだ。。

ちなみに「分厚いダウンジャケット」みたいなのだと、自転車に乗せるときに面倒なんですよね。

忙しき朝にベルトがなかなか閉めれないと少し腹たつという、しょうもない理由ですが。

リトルこっちゅう
リトルこっちゅう

はやめの時間配分を〜

【7】防寒パンツ

最後に、わたしはまだ購入していませんが「防寒パンツ」もよさげ。

やっぱり足が寒いんですよね。

私は購入していませんが、「防寒パンツがあればよかったな〜」って思っていたりもしました。

ただ防寒パンツを履いてもらうと「下半身がごわつく」ので、やはり自転車に乗るときがメンドくさそうです。

リトルこっちゅう
リトルこっちゅう

買って〜よ〜

まとめ

さて、今回は「子ども乗せ自転車のオススメ防寒グッズ7選」を紹介しました。

意外と忘れがちな「目」と「鼻」の防寒です。

サングラスとマスクで防寒できます。

寒すぎる「冬の自転車移動」。

子どもが少しでも快適に過ごせる防寒対策をぜひ試してみてください!

ちなみに、こちらの防寒ブランケットも世間的には人気みたいです。

広告

リトルこっちゅう
リトルこっちゅう

せっかくだから「子育てのカテゴリ」も見てよね〜

こんな記事も読まれています