冷蔵庫の在庫を一掃するウラ技「土曜の夜=焼肉」

焼肉

こんにちは!主夫2年目ののこっちゅう【プロフィールはこちら】です。

先日の土曜日、久しぶり家で「焼肉」をしたのですが、あまりにも簡単で楽しく、美味しい食事をすることができました。

しかも、冷蔵庫にある「平日の料理でちょいちょい余っていた」野菜などの在庫も一掃できたんですよ!

ということで、今回は冷蔵庫の在庫を一掃するウラ技「土曜の夜=焼肉」ってお話です。

「土曜の夜=焼肉」がおすすめな理由

では、さっそく「土曜の焼肉がオススメな理由」をまとめてみました。

①休日感ハンパないから

まず、「焼肉」って響きが最高です。休日感がハンパないですよね。

そもそも家で焼肉ってなかなか平日ではできません。

なぜなら「ニオイもすごい・片付けもメンドクサイ・時間に余裕がない」の三拍子です。

そのため必然的に焼肉って休日にすなりがちだと思います。

つまり、「焼肉=休日」というイメージがすごいので休日感ハンパないです!!

こっちゅう
こっちゅう

わたしの好きな言葉は「勝ったら焼肉!!」です。

②なんでも焼いて食べれるから

つぎに、食材であれば基本的には「なんでも焼いて食べる」ことができます。

「お肉も焼けるし、お魚も焼けるし、野菜も焼ける」ということでなんでも焼いて食べれますよ。

そして、冷蔵庫にちょっと残っている材料を一気に消化できるので「冷蔵庫の在庫一掃」にもなってオススメですね。

こっちゅう
こっちゅう

子どもも「焼肉」の楽しさでなんでも食べますよー。

③超簡単で美味しいから

基本的には「焼くだけ」です。

あえていえば、野菜を切ったりする作業は発生しますが、日常の料理を作るのにくらべれば負担なんかほぼありません。

だって「ひたすら食材を焼く」だけで、その日の料理をまかなうことができるなんて最高ですよね。

④細かい味付けをしなくていいから

そして、「焼肉」最大のメリットは細かい味付けをしなくていいというところにあります。

だたひとりひとりの目の前に「タレ・塩・レモン汁・」みたいに調味料を置くだけです。

焼肉

あとは、個人の好みにあわせて好きなように食べてもらえればいいので「細かい味付け」をする必要はありません。

⑤食べたい量だけ食べれるから

さらには、焼肉は決まった量を食べなくていいです。

個人の判断で食べたいぶんだけ焼いて食べれます。腹8分目にしてもいいし、お腹いっぱいに食べてもどちらにするも個人の自由です。

そのため「料理された食材を残す」ってことはほぼありません。

こっちゅう
こっちゅう

もし食べすぎても「翌日は日曜日で休日」という場合が多いので体調管理もしやすいですね。

⑥全員参加型の食事で楽しいから

そして「焼肉」のスゴイところは家族全員が料理に参加することができるんですよ。

目の前でひとりひとりが料理をしていくっていうのも「焼肉」の楽しさのひとつですよね。

普段の食事と違うので、家族全員浮足立ち「家族の会話」もうまれやすくなります。

「それ、わたしが育てたお肉!!」「はい、こげたの食べて」など家族の中で非常に楽しい会話が飛び交いますよ。

リトルこっちゅう
リトルこっちゅう

毎日「焼肉」がしたくなっちゃうよー

⑦料理で少しだけ冒険ができるから

最後に料理で少しだけ冒険ができますよ。

普段の料理で冒険すると、家族に迷惑がかかりがちですが「焼肉」ではみんな浮かれがちなのでとても料理で少しだけ冒険がしやすい環境になっています。

よくある例で「マシュマロを焼く」というのがありますよね。

焼肉の場合1品1品が料理みたいなモノなので、たとえ失敗してもすべての食事が台無しになるわけではありません。

リトルこっちゅう
リトルこっちゅう

果汁グミは焼いても溶けるだけだぞー

まとめ

というわけで、これからもちょくちょく土曜日は焼肉をしようと思っています。

家庭の冷蔵庫の在庫はこれで一掃できるので、本当にオススメです!何より楽しい!!