子どもの語彙力アップ【家族で会話する】早く覚えてもらいたいワードも3つ紹介

リサとガスパール

こんにちは!主夫3年目のこっちゅう【プロフィールはこちら】です。

1歳から2歳頃の子どもを育てていると、はやく子どもとおしゃべりしたいなってなりますよね。

個人差はありますが「ママ」「パパ」などの単語をしゃべるようになり、いつのまにか「わんわん いる」や「これ かまいたち」など文章でお話しするようになります。

こっちゅう
こっちゅう

家族でたくさん会話をしましょう!

というわけで、今回は「子どもの語彙力アップ」についてにお話します。

広告

子どもと早くおしゃべりしたい!何をすれば・・

1歳から2歳頃の子どもを育てていると、はやく子どもとおしゃべりしたいなってなりますよね。

個人差はありますが「ママ」「パパ」などの単語をしゃべるようになり、いつのまにか「わんわん いる」や「これ かまいたち」など文章でお話しするようになります。

ついつい子どもと早くおしゃべりしたいがばっかりに、赤ちゃん言葉でしゃべってみたり。

いろいろと上から目線で子どもに「言葉」を教えてしまいますよね。

それはいたってナンセンス!

個人的に子どもに合わせた会話はせず、家族で自然な会話をたくさんするのがオススメです。

こっちゅう
こっちゅう

もちろん絵本わらべうたもいいですよね!

家族で自然な会話をして、子どもの語彙力アップ!

子どもが大人より圧倒的に長けているポイントがあります。

それは「洞察力」です!

子どもって本当に五感を駆使して、パパやママなどから何かマネしようと必死なんですよね。

リトルこっちゅう
リトルこっちゅう

かわいいところもたけてるじゃん!

なので、親のしゃべっている会話がそのまま「子どもの言葉」になっていきます。

口の動きから言葉の音、音の振動によって震える肌までとにかく敏感。

なので、家族でしているなにげない会話に「子どもに覚えてほしい言葉」を織り交ぜていくといいと思います。

こっちゅう
こっちゅう

家族の会話も多い方が「子どもが覚える機会」が増えますよ!

子どもに早く覚えてもらいたい言葉3選

おまけになりますが、一刻もはやく子どもに早く覚えてもらいたい言葉を3つ選んでみました。

  • ありがとう
  • かわいい・かっこいい
  • イヤ・ダメ

特に「ありがとう」をはやく覚えてくれると育児が楽になるのでオススメです。

こっちゅう
こっちゅう

ひとつずつ説明しますね!

【1】ありがとう

まずは、「ありがとう」です。

本当にこの言葉を子どもが上手に使えるようになると育児ストレスも8割減です。

なにげないことで「ありがとう」が子どもの口から飛び出したときは泣いてしまいそうになりますよ。

たとえばこんな感じです。

こっちゅう
こっちゅう

ごはんできたよ〜

リトルこっちゅう
リトルこっちゅう

いただきます!ありがとう!

【2】かわいい・かっこいい

そして、かわいい&かっこいいもオススメです。

子どもが出来ると「パートナーを褒めること」が減るかもしれませんが、積極的に「褒める」言葉は使っていった方がいいです。

すると、こんな感じで子どもがチャチャ入れてくれるようになります。

こっちゅう
こっちゅう

あたらしい服買った!どうよ!

リトルこっちゅう
リトルこっちゅう

パパ、カッコいいじゃん!

「褒める」ということは子育てをする上で大切な3つのことのひとつでもあります。

なので、はやく覚えて損はないですよ!

【3】イヤ・ダメ

最後に「イヤ・ダメ」です。

子どもが「イヤ・ダメ」って言葉が使えるようになると、親としてもいろいろな提案ができるようになります。

たとえばこんな日常でも使えますよ。

( ギリギリchop / B’z ♪ )

リトルこっちゅう
リトルこっちゅう

だ〜め〜よ〜

こっちゅう
こっちゅう

え!これは!

( セントレイ / サカナクション♪ )

リトルこっちゅう
リトルこっちゅう

い〜や〜よ〜!猫にヴァイオリンにして!

嫌なことは「イヤ!」ってはっきりと断ることは大人でも出来る人は少ないですよね。

なので「イヤ・ダメ」って言葉がはやく使えるようになると、より子供と向き合って会話することができるようになります。

しっかり子どもの気持ちに寄り添ってあげることも大切ですね。

まとめ

さて、今回は「子どもの語彙力アップ」についてお話しました。

とにかく家族で自然な会話をたくさんすれば、子どもは自然と言葉を覚えていきます。

また、「子どもがしゃべった言葉+α」で子どもと対話するのもいいですね。

というわけで最近読んで参考になった本はこちら。

広告

リトルこっちゅう
リトルこっちゅう

せっかくだから「子育てのカテゴリ」も見てよね〜

こんな記事も読まれています