余市りんごグミ【北海道の味】ガジュリとあふれる果汁のおいしさ!

余市りんごグミ

こんにちは!三度のメシよりグミが好きなのこっちゅう【プロフィールはこちら】です。

先日、広島県にあると大崎上島に「バカンスカット」に行きました。

子どもの牛乳を購入しようと、ふらりと立ち寄ったYショップで「北海道・余市りんごグミ」を発見!

こっちゅう
こっちゅう

食べごたえがある「リンゴ味」

というわけで、今回は「余市りんごグミ」について紹介します。

広告

「北海道 余市りんごグミ」のココがすごい

まず、はじめに「北海道 余市りんごグミ」がどんなグミか説明しますね。

「北海道 余市りんごグミ」は、余市町名産の「リンゴ果汁」をたっぷり使ったグミです。

北海道 余市りんごグミ
余市りんごグミ

北海道のお土産としても、人気です。

同シリーズには「夕張めろんグミ」や「はすかっぷグミ」などがあります。

リトルこっちゅう
リトルこっちゅう

ご当地グミだね〜♪

「余市りんごグミ」のパッケージ

それでは「余市りんごグミ」のパッケージを見てみましょう。

余市りんごグミ
「余市りんごグミ」のパッケージ

地域のあたたかさ感じるシンプルかつ無駄のないデザインのパッケージ

当たり前かもしれませんが、ひと目で「北海道・余市りんごのグミ」とわかります。

また、パッケージ右下にいる「リンゴの被り物をしたキャラクター」もいい塩梅のゆるさです。

こっちゅう
こっちゅう

ロマンス製菓さんのグミ!!

それではパッケージ上部より、いざ開封!

余市りんごグミ

袋を開けると、THEリンゴの甘くてさわやかな香りがします。

内容量は50gなので、果汁グミとほぼ同じ。

こっちゅう
こっちゅう

これは絶対においしいぞ〜!

ひとまず、グミを1粒だけ手にとってみます。

余市りんごグミ

グミの形は「まんまる」で、真っ赤。

1粒が結構大きくて、10円玉くらいの大きさですね。

ちなみに、別の角度からも見てみましょう。

余市りんごグミ

ドーム状になっているので、グミがつかみやすいです。

触った感じは、高反発な弾力で迫力あります。

リトルこっちゅう
リトルこっちゅう

まっかだな〜!まっかだな〜!!

「余市りんごグミ」を食べた感想

それでは「余市りんごグミ」をいただきます。

余市りんごグミ

ひとくち食べると、ソフト&ハードな食感でリンゴ果汁が溢れ出します。

本物のリンゴにガジュリとかぶりついた感じ。

とても食べごたえのあるグミで、ココロもカラダもほっこりするおいしさです。

リトルこっちゅう
リトルこっちゅう

ぜったいおいしいじゃん!!

んで、オススメの食べ方はこうです!

余市りんごグミ

2つのグミを合わせて、リンゴの形にして食べる。

見た目のリンゴ感との相乗効果で、よりおいしく感じます。

こっちゅう
こっちゅう

おいしいーー!!!

「余市りんごグミ」の詳細情報

「余市りんごグミ」は、Yショップで購入しました。

こっちゅう
こっちゅう

価格は1袋162円でしたよ!

ちなみに「余市りんごグミ」の原材料などコチラの通りです。

余市りんごグミ
▼原材料名
  • 砂糖(国内製造)
  • 水飴
  • りんご果汁
  • ゼラチン
  • 加工油脂
  • 植物油脂
  • 粉末オブラート
  • ソルビトール
  • 酸味料
  • ゲル化剤(ペクチン:りんご由来)
  • 香料
  • 酸化防止剤(V.C)
  • 光沢剤

▼栄養成分表示【1袋(50g)当たり】(推定値)

エネルギー161kcal
たんぱく質4.1g
脂質0.2g
炭水化物37.5g
食塩相当量0.1g

▼原材料に含まれるアレルギー物質(27品目中):りんご・ゼラチン

2021年9月25日時点の情報で

こっちゅう
こっちゅう

グミはよく噛んで食べようね〜

まとめ

さて、今回は「余市りんごグミ」について紹介しました。

シンプルでおいしいリンゴ味のグミ。

食べごたえも抜群で、忖度抜きのおいしさです。

北海道・余市りんごの味を、ぜひグミでも堪能してみてください!

ぜったい食べる〜

広告

リトルこっちゅう
リトルこっちゅう

せっかくだから「スペシャルグミのカテゴリ」も見てよね〜

こんな記事も読まれています